2019/04/26 12:00

春の不調には旬野菜が◎!「新じゃが&新たまねぎ」の力とは

新しい季節が始まって、疲れが出たり気持ちが不安定になったりする「プチ不調」を感じていませんか?

そんな方には、今が旬の新じゃがいもと新たまねぎをおすすめします。国際薬膳調理師の筆者が、「新じゃがいもと新たまねぎが、なぜ今の季節に良い食材なのか」について、薬膳の目線でご紹介します。

■春に出やすい不調とは?

薬膳のベースの考えになっている中医学(中国伝統医学)において、春はイライラして怒りっぽくなったり、落ち込んでしまったりと、感情が不安定になりやすい時期といわれています。

また、だるさや疲れがでやすい時期でもあります。

この時期には、エネルギーチャージをしながらイライラを緩和してくれる食材を摂り入れましょう。

■ダルさ、疲れには「新じゃがいも」

じゃがいもは、気(き)をおぎなう食材といわれています。気は生命エネルギーですので、気の量が減ってしまうと、だるさや疲れを感じやすくなります。ですから、じゃがいもを食べてエネルギーチャージをしましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >