2019/04/17 12:00

「新ごぼう」で腸活!食物繊維たっぷり作り置きレシピ2つ

ゴボウは、食物繊維が豊富なことで知られていますね。不溶性食物繊維と水溶性食物繊維、2種類の食物繊維が含まれているため、腸内環境美化にぴったりの野菜です。

今の季節のゴボウは「新ごぼう」と呼ばれ、繊維も柔らかく香りがいいのが特徴です。

健康と美容に役立つ食スタイルを提案して16年の美養フードクリエイターである筆者が、食べやすい「新ごぼうを使った腸活作り置きレシピ」を2つご紹介します。

■新ごぼうを美味しく食べるコツ2つ

(1)水にさらさない

一般的なゴボウは、アクが強いため水にさらします。しかし、新ごぼうはアクが少ないので水にさらさず、そのまま調理しましょう。そのほうが栄養も水に流れません。

(2)皮をむかない

一般的なゴボウも同じですが、皮はポリフェノールなどの栄養が豊富であるうえ、ゴボウらしい香りを感じる部分です。土をしっかり落とすように洗い、皮をむかずに使いましょう。

■「新ごぼう」で腸活作り置きレシピ2つ

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >