2019/06/03 12:00

食べる高級美容液!?オリーブオイルで肌と身体の夏バテ予防

近年、夏のような日差しが降り注ぐ日が増えている5月。実は、紫外線の量が増え始めるのは例年5月頃からで、真夏とほぼ同程度の紫外線が降り注いでいるそうです。

紫外線を浴びつづけていると肌にダメージが蓄積していき、肌が「夏バテ状態」に陥るといわれています。「夏バテ肌」の予防に効果的な食材と、その理由について、元ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントのエリカ・アンギャルさんにお聞きしました。

■どうして「夏バテ肌」になってしまうの?

「光老化」という言葉も浸透し、肌への影響が広く知られるようになってきた紫外線ですが、実は7〜8月といった真夏だけでなく、5月頃から多く地上に降り注いでいます。

紫外線をたくさん浴びると体内で「活性酸素」が大量に発生し、肌細胞を攻撃します。細胞の機能が低下すると、肌の調子も低下します。肌がいわば「夏バテ」している状態となり、シミやシワを引き起こすのです。

さらに、紫外線は身体の夏バテを引き起こす一因でもあるので、元気に夏を楽しむためには注意と対策が必要になります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >