2019/08/12 12:00

夏に麺を食べるなら「そば」!薬膳のプロがすすめる理由3つ

夏になると、暑さゆえに食欲が落ちてしまいますよね。そんな時は、麺類であれば食べやすいという方も多いはず。

麺にもさまざまな種類がありますが、なかでも薬膳のプロである筆者がおすすめしたいのが“そば”です。なぜ、夏に食べると良いのでしょうか。その理由についてご紹介いたします。

■知られざる「そば」の効能3つ

(1)食欲アップ効果が期待できる

そばには、胃もたれを解消し、食欲を増進する働きがあるといわれています。

夏は冷たいものを食べる機会が多いと思いますが、冷たいものは胃腸の働きを低下させてしまうといわれています。胃腸の働きが低下すると食事の量が減ってしまいますので、「やる気が出ない」「元気が出ない」といった不調を招きやすくなります。

なので、そばの食欲アップの効能は嬉しいですよね。食欲が落ちている時は、「盛りそば」でなく「温かいそば」をいただきましょう。

(2)身体の火照りを解消してくれる

夏は身体に余分な熱がこもりがちになります。熱がこもると火照りや喉の渇きを感じやすくなるほか、暑さでエネルギーを消耗してしまい、夏バテになってしまう場合があります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >