楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/09/22 12:00

秋は白い食材で内側から潤いを!薬膳的・夏疲れを癒す食材

朝晩の風が少し涼しく感じる日が多くなってきました。秋のライフスタイルや食材に変えていきたいところですが、その前に夏の疲れをしっかりケアしましょう。

国際薬膳調理師である筆者が、夏の疲れを癒す食材をご紹介します。

■夏の疲れを残さないために食べたい食材5つ

(1)キノコ類

エネルギーをおぎない、免疫力を高めてくれる働きがあります。そのため、夏の疲れによるエネルギー不足な身体にぴったりです。また、免疫力を高めてくれるので、季節の変わり目の体調不良対策にもなります。

さまざまなキノコを買って冷凍しておくと、スープや炒め物、炊き込みご飯などの料理に使えるので便利です。冷凍庫にストックしておきましょう。

(2)じゃがいも

エネルギーをおぎない、胃腸の働きを高めます。中医学(中国伝統医学)では、胃腸のことを脾(ひ)といいますが、脾は食べた物を栄養に変えて全身に届ける働きをしています。

なので、脾が不調だとせっかく食べた食材をエネルギーに変えることがむずかしくなります。その結果、免疫力が弱まって疲れやすくなってしまいます。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >