2019/08/27 21:30

夏便秘は「大腸の砂漠化」が原因!?医師が教える対策とは

「そうなると腸の働きが低下、腹部にガスが溜まりやすくなって、お腹の張り、排便障害、便秘などが起こりやすくなってきます」と夏便秘について松生先生は指摘します。

■「大腸の砂漠化」対策に必要なのは?

水を飲んでも大腸にほとんど届かない!?

松生先生は食事の重要性についてこのように説明します。

「夏は水や飲料を意識的に飲んでいるかと思いますが、食事をあまり取らなければ水分の90%は小腸に吸収されてしまうので大腸にはほとんど届きません。
食事摂取量の減少により食物繊維の摂取量が減少することは明らかなため、水分を保持できる食物繊維を豊富に含んだ食べ物を摂取するなど、水分を多く含む消化物を大腸にまで届けることが大切です」

このように大腸の砂漠化に陥ると、水分の少ない、干からびたような薄っぺらい便が一つに固まらずに腸内に貯留するような状況になり、夏便秘を引き起こすことになるようです。

水溶性食物繊維をとることが重要

食物繊維の中でも水分を保持できる水溶性食物繊維が重要。その中でも松生先生がおすすめしている食べ物の1つが「キウイフルーツ」です。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >