2019/09/04 12:00

夏の疲れを「食」でケア!秋の始まりに食べたい食材3つ

暦の上ではもう秋のはじまり。少しずつ涼しく過ごしやすくなってくるととともに、夏の疲れを感じている方も多いのではないでしょうか。暑さや湿度に加え、夏はお出かけの機会も多く疲れやすい季節です。

今になって夏バテを感じている方へ。健康と美容に役立つ食スタイルを提案して16年の美養フードクリエイターである筆者が、夏の疲れを癒す食材を3つご紹介します。

■夏の疲れを癒す!お疲れ別おすすめ食材3つ

(1)胃腸の疲れには「山芋」

東洋医学において、山芋は、内臓の働きを増強する食材に分類されています。

夏は、冷たいものを飲んだり食べたりする機会が多いため、内臓が冷えて働きが悪くなってしまいます。山芋は、消化もいいですから疲れた胃腸に優しい食材です。

生のまま食べるほか、角切りにしてご飯と一緒に炊いて山芋ごはんにしたり、フライパンでスライスした山芋を焼いて食べたりするのもおすすめです。火を通すことで、山芋独特のネバリが減って食べやすくなります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >