2019/01/04 21:00

食べすぎ飲みすぎの後に!「胃腸の不調をケアする食材」3つ

クリスマス会や忘年会、そしてお正月。イベント続きの年末年始は、食べすぎ飲みすぎによる胃腸の疲れからトラブルを招きがちな季節です。

最近どうも胃腸の調子が悪いと感じている方へ。美容と健康に役立つ食スタイルを提案して15年、美養フードクリエイターの筆者が、「胃腸の不調をケアする食材」を3つご紹介します。

■「胃腸の不調をケアする食材」3つ

(1)山芋

東洋医学において、山芋は気を養い、臓腑を元気にする食材とされています。

消化酵素が多く含まれているため、食事と一緒に生で食べるのがおすすめです。山芋独特のネバリが苦手な方は、白米と一緒に炊いたり、お味噌汁に入れたりして食べるとネバリを感じません。

ごはんを食べたいけれど、胃もたれしている時や、食欲のない朝は、山芋入りのご飯やお味噌汁で胃腸を労わりましょう。

(2)リンゴ

昔から「1日1個のリンゴは医者いらず」と言われるほど栄養価が高いことで知られるリンゴ。今が美味しい季節ですね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ゆったり気分でノンビリ過ごせそう。仕事はさっさと切り上げて...もっと見る >