2019/03/15 20:00

気温の変化に負けないカラダに!薬膳のプロが選ぶ5つの食材

少しずつ寒さが和らぎ、春の訪れを感じるこの季節。しかし「三寒四温」という言葉があるように、寒暖差があり体調管理が難しい時期でもありますよね。

そこで今回は、国際薬膳調理師の筆者がこの季節にオススメしたい食材を5つご紹介します。三寒四温に負けないカラダを作るには、日々の食事がとても大切です。ぜひ、摂り入れてみて!

おすすめ食材(1)菜の花

薬膳のベースの考えになっている中国伝統医学の世界では、カラダを温める温熱性(おんねつせい)の食材と、カラダを冷やす寒涼性(かんりょうせい)の食材があります。

菜の花はカラダを温める「温性」の食材ですので、まだ寒さが残る今の季節にぴったり。

おすすめ食材(2)しらす

カタクチイワシの稚魚であるしらす。しらすは、気を補い胃腸系システムの脾(ひ)を整えてくれる食材。薬膳の世界での気の働きというのは、カラダに元気をくれたり、温めたり、邪気から守ってくれたりする働きがあると考えられています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >