2017/11/03 08:00

東西「ナポリタン」対決(コラム:マッキー牧元×門上武司の往復書簡)

おとなの週末で人気連載の呼び声高い、東西うまいもの対決風?コラム『[東]マッキー牧元 ×[西]門上武司の往復書簡』。その気になる今回のお題は、誰もが愛して止まない懐かしの味わい〈ナポリタン〉。いずれ劣らぬ自慢の味、いざこれに見参!

今回のお題【ナポリタン】

ナポリタン対決 東/レストラン香味屋 vs. 西/BISTROあじと

【東】マッキー牧元 レストラン 香味屋の「ナポリタン」

拝啓 門上様、ナポリタンは、我々のアイドルですね。なにせ、「生まれた時からアルデンテ」ではない我々の世代にとって、スパゲッティという未知の世界と出会ったのが、ナポリタンですから。  その王道は、麺が太く柔らかい。具はハムにピーマン、マッシュルームが基本です。よく加熱されて丸くなったケチャップが、満遍なく麺に絡み、楕円のアルマイト皿に盛られている。そう信じて生きてきましたが、最近は少し豪華になって、なかなかそういう店が少なくなりました。 老舗洋食屋『香味屋(かみや)』のナポリタンを選んだのは、下品と上品がない混ぜになった味だからです。  中細麺に絡んだ味は、ケチャップの甘みが広がるけど、決してくどくない。優しい味わいで心が温まる。たっぷり入った厚切りのマッシュルーム、極細ピーマン、薄切りの玉ねぎ、そして通常メニューでは上等なエビが入っていますが、今回はハムに変えていただきました。 丁寧な仕事が光るその味には、ナポリタンがご馳走だった時代の輝きを感じます。その上品を、タバスコやチーズで少しずつ下品にしていく。その行為がまた、この料理の魅力だと思うのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >