2017/08/26 13:50

東京玉子とじ「かつ丼」はここから始まった!

東京でかつ丼といえば卵でとじたものが一般的。でも、そもそもかつを卵でとじたのはナゼ? いつ生まれた? その答えは早稲田にあった。

江戸中期から今も続く、早稲田の蕎麦屋『三朝庵(さんちょうあん )』。卵とじ式のかつ丼はこの店で生まれたという説が濃厚だ。ときは、大正10年頃。宴会料理のかつがたまたま多く余ってしまった際、その冷えたかつを蕎麦ツユで煮て、卵でとじて丼にしたのが始まりといわれる。常連だった早大生のアイデアなのだそう。以来、正式に店のメニューとなり、世に広まった。厚みのあるカツに玉ねぎ、しっかりとしたダシ、それを覆う卵が三位一体。これぞ江戸風かつ丼の醍醐味だ。今も昔ながらの味を店で楽しむことができる。

三朝庵
東京都新宿区馬場下町62 ☎︎03-3203-621810時半〜売り切れ次第終了 木

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >