2017/09/29 08:00

第7回 日本一の町、「ふるさと銀河線足寄駅跡」前で、驚きのヒツジ料理が味わえる「ヒツジ堂」

松山千春さんが「人口よりもウシの多い町」と言う足寄は、日本一「面積の広い町」。残念なことに、廃線になってしまった足寄駅跡は、今では道の駅になっていて、その目の前に私のとっておきのレストラン、「ヒツジ堂」があります……。

第7回 日本一の町、「ふるさと銀河線足寄駅跡」前で、驚きのヒツジ料理が味わえる「ヒツジ堂」

 北海道ちほく鉄道が廃止になって10年以上が経ちました。 その足寄駅跡近くにあるのが、私のとっておきのレストラン「ヒツジ堂」。 羊牧場直営のお店です。 足寄といえば、松山千春さんが「人口よりもウシの多い町」と言っていましたが、 今でも「町」として日本一の面積を誇る広大な町です。

[当時走っていた列車は、白い気動車で運転されていた。(1989年撮影)]

[ちほく鉄道開業時の足寄駅、懐かしい様子の駅だった。(1989年撮影)]

 かつて足寄を通っていた鉄道は国鉄地北線から転換した第3セクター鉄道「北海道ちほく鉄道ふるさと銀河線」が走っていました。 これもまた全長140キロもあって、第3セクター最長とスケールの大きな鉄道です。 北海道ちほく鉄道が第3セクターに転換した1989年ごろ、ちょうど初めての写真集を出してもらえることになりました。写真集のテーマが「第3セクター鉄道」で、この時期に何度も足寄を訪れていました。 とにかく「広い」印象のエリアで、見渡す限りの畑や牧草地を走る小さなディーゼルカーを夢中になって撮影。本が出た後もときどき訪れていたのですが、残念ながら2006年に全線が廃止になってしまいました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >