2017/10/06 08:00

鮨 須賀(寿司/渋谷)|これぞ江戸前寿司の真骨頂 ひと通りをおまかせで

 〆る、煮る、漬け込むといった仕事を施す江戸前寿司の伝統技にこだわる店主の浅香さんは「新鮮なネタをただ握るのとは真逆。手間はかかるが旨みが増して深い味になる」と力を込める。脈々と伝わる寿司文化を守りたいと今春に開店以来、早くも満席の日が多い人気ぶりだ。 ※ランチタイム有

鮨 須賀(最寄駅:渋谷駅)

 昔ながらの味の中でも、今はあまり見かけないのがかんぴょうなどをシャリと混ぜてイカに詰めた「いか印籠詰め」。ほかにも酢〆のネタには芝エビのおぼろを合わせるなど丁寧な仕込みの握りに唸る。その醍醐味をおまかせで心ゆくまで楽しんで。

大将おまかせ握り 1貫400円前後~

写真はその日の10貫で5500円。
小肌、づけ、鮑酒蒸し、タイ昆布〆、煮ハマグリ、煮帆立、中トロ、煮アサリ、穴子、いか印籠詰め。

江戸前のネタは基本的に前日から仕込むものが多い。京都の米を使った赤酢のシャリが濃厚なネタに合う

いか印籠詰め 500円

写真は2貫で1000円。
刻んだかんぴょうや椎茸、玉子焼きなどが入ったシャリをイカの胴に詰め込んだ寿司。昔は保存食として作られたもので、時間が経っても美味しい。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >