2017/11/13 18:00

独自の進化を遂げた 独創的 立飲みワイン!【蒲田VS中央線:蒲田編】

晩酌にワイン……会社帰りに軽~く一杯なんてものぴったりとなれば、立ち呑みワインなんてのは実にいい。さてその立ち呑みワインだが、飲み屋の多い中央線沿線に対抗するかのように、蒲田にも店が増え、多くの酔客を楽しませているという。果たして、どちらが聖地なのか!?歩いて飲んで検証してみた!まずはニューカマー《蒲田》!

立ち飲みバル FUKURO(最寄駅:蒲田駅)

北海道白貝のワイン蒸し、蝦夷鹿の生ハム 各650円

いわゆるワイン……普通の赤・白であるスティルワイン(350円~)やスパークリングワイン(500円~)はもちろん、フォーティファイドワインのシェリー(400円~)を圧倒的に揃える立ち飲みバル。さらにここでしか飲めない大田区初の樽生クラフトビール『蒲田エール(IPA)』(グラス650円)も味わえる。白貝にエゾ鹿という北海道の旬の食材で作られた料理はまさにワイン向き。

出典:https://matomeshi.jp/articles/1979

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >