2018/02/13 18:10

並ぶ価値は本当にあるの!?行列店で行列してみた!(東京編)

美味しい店あり!と情報が流れれば、たちまちできる長い列。しかし、列の先に待つ味は、本当に美味しいのか。情報に踊らされているだけなのでは?行列店に並び、その価値を調べてきた!今回は「東京」4店をご紹介!

【待ち時間20分】the 肉丼の店(最寄駅:蒲田駅)

\並ぶ価値あり!/寒さに耐えた先にある至福の肉丼に感動「寒い、寒すぎます……!」 日本各地に大寒波が襲来中の1月某日。私ことライター・林は、JR蒲田駅のホームであまりの寒さに尻込みした。この日の目的地は『the 肉丼の店』。神戸の人気店が高田馬場に出店して以来、東京でも行列ブームが起きている「ローストビーフ丼」の店だ。

レアローストビーフ丼(メガ) 1,600円

『もう午後1時で昼のピークは過ぎた頃だし、こんなに冷え込む日に客も並ばないですよね』 が、甘かった。店の中と外には、サラリーマンや学生らしきグループがざっと15人以上は並んでいる。 ありがたいことに客の回転が早く、10分程で入店でき、店内で10分待って着席。基本サイズの「レアローストビーフ丼」(850円)を頼むつもりだったが、前にいた立派なお腹の男性は倍量の「メガ」(1600円)を注文。食欲だけはそこらの男性には負けない私。つられて「メガ」にしてしまう。「大変お待たせしましたーッ」と差し出されたのは、ドーム状に盛られた500gのご飯と、その上に重ねられた肉・肉・肉! 思わず圧倒される。『このビジュアルだけで、1600円払う価値あり!』 贅沢に2枚を一度に頬張ってみる。甘めのタレがしみた赤身肉はしっとり柔らか。口の中がジュワ~と至福で満たされる。グングン箸が進み、大盛の肉もご飯もペロリと完食。高級店で出されるローストビーフと同等とは言い難いが、並盛なら1000円以下の値段でこの味は立派! 牛肉好きなら、一度は並んでみてソンはないと思います。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >