2018/05/11 20:30

チーズにシーフードまで登場。植物性由来食は新時代へ

5月の特集は「かしこい食の方程式」。意識して選びたい「食」に注目し、積極的にプラスしたい食材、なるべく避けたほうがよい食材を紹介していきます。今回は植物性由来食について。

ベジタリアンが多く存在するアメリカのミレニアル世代(一般的に1980年代から2000年代初頭までに生まれた人を指す)。動物性食を減らしたいという彼らの意向をうけシェアを広げ、日本でも広がっているのが「Plant-Based Food(植物性由来食)」です。技術革新が生み出した植物性の肉やチーズは、味も食感も動物性食に迫る勢い。不二製油グループ本社が行った「食への意識調査」から見えてきた植物性由来食の新時代をご紹介します。

Plant-Based Food(植物性由来食)が広まる

日本でもサラダから食べる「ベジファースト」が広く認知されるなど、食生活における野菜の存在感が増している現在。社会学者の品田知美さんは「いずれの国でもミレニアル世代は鋭敏感覚で未来をとらえ、食生活がベジタリアン志向へとシフトしている」と見ています。2017年に行ったインターネット調査(※1)では、アメリカのミレニアル世代の38.7%が広義のベジタリアンと自覚しており、日本人の10倍以上の割合だったそうです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >