2018/05/14 16:30

新感覚の刺激! ユネスコ食文化創造都市に選ばれた「ベレン料理」が初上陸

世界中からいろいろな料理が上陸する日本。今度は、あまり耳馴染みのないところからやってきます。

ベレンからやってきた、しびれる郷土料理

image via shutterstock

東京・赤坂にある本格シュラスコ専門店「Brasilica Grill(ブラジリカ グリル)」で、2018年5月10日から提供がスタートしたのがブラジル北部の主要都市のひとつ、ベレンの料理。

ベレンとは、ほぼ赤道直下、アマゾン川の河口付近に位置し、大陸部と39の島で構成されています。ブラジル料理といえば、シュラスコだったり、豆や肉の煮込みであるフェイジョアーダなどをイメージしますが、ベレンの郷土料理はそれらとは違い、地元で取れる珍しい食材を使います。実は、ベレンは2015年にユネスコが選ぶ食文化創造都市に登録された、特徴ある料理を提供する18都市のひとつなんです。

日本人にはあまり知られていない、ベレンの郷土料理。その特徴とは、「キャッサバ(CASSABA)」という植物の葉を調味料のベースとして、エビ、牛肉、鴨肉などとの組み合わせるというもの。さらに、この料理に欠かせないのが葉野菜「ジャンブー(JAMBU)」です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >