2018/05/30 20:00

「果物を食べると太る」は誤解。糖質が怖くなくなるズルイ食べ方

糖質コントロールに注目が集まる今、果物は糖分が多いので食べ過ぎないほうがいい——という説を耳にします。はたしてそれは本当? 誤解しがちな果物との正しい付き合い方を、臨床栄養学の第一人者で、管理栄養士の足立香代子先生にうかがいました。

「果物は糖分だから太りやすい」は誤解

『太らない間食(文響社)』や、『糖質を味方にするズルイ食べ方(ワニブックス)』などの著書で知られる足立先生。果物は甘いので太りやすいというのは誤解であり、どのように健康的に食べるかを考えるべきだと話します。

「日本人の果物摂取量は年々減っていて、国が定める摂取目標を大きく下回っています。それなのに“食べ過ぎると太る”という説が、果物不足を招いている。太る原因は糖質の摂取ではなく、食後血糖値の急上昇にあるのです」(足立先生)

怖がるべきは「食後過血糖(血糖値スパイク)」

食事をすれば血糖値が上昇するのは当然のことで、血糖値の上昇自体が悪いわけではありません。問題は、食後の血糖値が急激に上昇する「食後過血糖(血糖値スパイク)」。食後に血糖値が上昇すると、血糖値を下げようとインスリンが分泌されるのですが、「食後過血糖」になると以下の問題が生じます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >