2018/05/28 22:45

スパイス&ハーブマイスターに聞いた、意外な組み合わせ料理とは?

「かしこい食の方程式」をテーマに、さまざまな角度から食を見つめ直す 5月の特集。今回は「スパイス&ハーブ」にフォーカスを当てましょう。 スパイス&ハーブとは「人の暮らしに役立つ、香りのある植物」のこと。一般的には根や実の部分をスパイス、葉や花の部分を使うものをハーブと呼ばれています。

スパイス&ハーブの活用法って?

外食ではさまざまなスパイスやハーブを味わう機会が増えていますが、自分で料理するときは、ナツメッグはハンバーグ、バジルはパスタ……と、定番の使い方ばかりでマンネリ化していませんか? スパイス&ハーブの新たな魅力や、素人では思いつかないような意外な活用法を、エスビー食品株式会社 スパイス&ハーブマスターの遠藤由美さんに教えていただきました。

水、酢、油。どれと合わせるかで、香りが変わる

201109スパイスイメージ

料理において、スパイス&ハーブのはたらきは「香り」「辛み」「色」ですが、なかでも「香り」は一番の特徴です。エスビー食品では、さまざまなスパイス&ハーブをどのように調理したら、より香りを生かせるのかなどを科学的に研究しているそうです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >