2018/05/28 20:00

糖尿病のリスクを上げる意外な食習慣

3000万人以上のアメリカ人が糖尿病という現代。アメリカ糖尿病学会(ADA)によると、糖尿病が根本原因の死亡数は毎年7万9000件以上、死亡に何らかの影響を及ぼしているケースはさらに数十万件。

2型糖尿病の原因はインスリン抵抗性。血糖値を制御するホルモンのインスリンを、身体がうまく使えなくなる症状です。また、インスリンを生産する細胞が疲れてはたらかなくなる原因もさまざま。ハーバード大学T・H・チャン公衆衛生大学院の専門家によると、上位の原因としては、運動不足、肥満、喫煙、飲み過ぎのほか、血糖値を急上昇させるグリセミック指数の高い食べ物をよく食べていることなど。

でも、糖尿病のリスクを上げるのに、あまり話題になっていない日常行動がほかにもあります。例えば、次に上げる5つの食習慣。無害に思えますが、やめると2型糖尿病になるリスクが下がる可能性があります。

01.「でんぷん質」の野菜しか食べない

20180528_eat1

食事に野菜を取り入れるのは素晴らしいこと。栄養素の組み合わせがヘルシーになりますし、野菜に含まれる抗酸化成分は、2型糖尿病のリスクを下げるうえで役立つと、新しい研究で判明しています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >