2018/06/11 07:20

「コーヒーを飲むとがんになる」は本当?

過去数十年もの間、コーヒーに対しての評価は、政治家の評価よりもころころ変化。1991年、世界保健機関(WHO)はコーヒーを飲んでいると、がんになるリスクが高まることを指摘しました。でも、2016年になると、同じWHOが「コーヒーを飲むとがんになるということに根拠はない」と報告。もっともこの間にわたってコーヒーに関わるニュースの論調はポジティブで、コーヒーを飲みすぎたとしても、健康を害することはなくて、むしろ健康によいというものでした。

image via Shutterstock

2018年3月、アメリカ・ロサンゼルスで行われた裁判で「カリフォルニアで販売するコーヒー製品には、発がん性を警告するラベルを貼ること」という判決が下りました。なぜなら、コーヒー豆を焙煎する時に出るアクリルアミドという化学物質が、カリフォルニアでは発がん性物質とみなされるからです。ただし、アクリルアミドに発がん性があることは、研究室のネズミでしか確認されていません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

臆病になってチャンスを逃すかも。先々のことを決めて行動する...もっと見る >