2018/07/04 10:30

新鮮な雑穀の選び方、おいしい炊き方は? 腸活にぴったりの雑穀サラダ

精製された白米とくらべると、さまざまな栄養がたっぷり詰まっているといわれる雑穀。最近はスーパーでも手に入るようになりましたが、種類が多く選び方がわからないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、日本に8人しかいないという「雑穀クリエイター」の持田怜美さんと、フランスの名門料理学校「ル・コルドン・ブルー」で学んだ、美養サラダ研究家の宮前真樹さんによるトークイベントから、雑穀の選び方やおいしい食べ方をピックアップ。雑穀と、質のよいオイルを合わせた、おいしいサラダのレシピもご紹介します。

新鮮な雑穀は「色」で選ぶ

ビタミン、ミネラル、食物繊維など、豊富な栄養素が含まれる雑穀。「雑穀」の定義は、はっきりとは決まっていないそうですが、日本雑穀協会では「主食以外に日本人が利用している穀物の総称」とされています。おなじみのゴマや蕎麦も雑穀の一種です。

「雑穀にはさまざまな種類があるため、自分の目的に合わせて選ぶことが大切。腸をきれいにしたいときは大麦や押し麦、もち麦を。アンチエイジングには、ポリフェノールたっぷりの黒千石(黒大豆)や黒米がおすすめです」(持田怜美さん)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >