2018/07/07 07:20

氷河期を体験させた、皮ごと食べられる奇跡の国産無農薬バナナ

image via shutterstock ※画像はイメージです

バナナといえば、熱帯で育つ南国フルーツの代表格。世界有数のバナナ消費国である日本ですが、残念ながら国産バナナはごくわずか。消費量のほとんどを海外からの輸入に頼っています。

ところが、専門農家ではない、とある“バナナ素人”の発見によって、日本でも極上のバナナの生産が可能になったのです。それどころか世界の“バナナ危機”の救世主になるのでは? と期待されているとのこと。その発見とは、バナナに氷河期を経験させることでした。

「氷河期」を体験させて生まれた奇跡のバナナ

20180707_banana_2image via shutterstock ※画像はイメージです

奇跡のバナナ「ともいきバナナ」を生み出した田中節三さんは、現在69歳。60歳ごろまで海運・造船業に携わっていました。仕事でインドネシアや台湾を訪れるうちに、子どもの頃から大好きだったバナナをはじめとする熱帯果樹に興味を持ち、自分で作ろうと栽培をはじめました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >