2018/07/05 20:00

おいしく減塩! 低ナトリウム食のはじめ方

多くのアメリカ人は、1日に3,400ミリグラムのナトリウムをとっています。これは、健康的な大人に奨励される2,300ミリグラムを大幅に超えています。私たちが摂取しているナトリウムの多くは、塩そのものではありません。パンや調味料、加工肉、加工食品などに含まれているのです。高血圧や腎臓病、心臓病のリスクが高い人は、1日のナトリウム摂取量を1,500ミリグラム以下に抑えた「低ナトリウム食」をとるとよいでしょう。

ナトリウムのとりすぎが健康によくないのは、とっくに明らか。塩分の多い食事をとると、高血圧や心臓病、脳卒中などのリスクが高まると、多くの研究でわかっています。だからと言って、低ナトリウム食にするべきかどうかは、どうすればわかるのでしょう? そしてもし低ナトリウム食が必要なら、どれくらいナトリウムの摂取量を減らせばいいのでしょう。

その答えは、まさにケース・バイ・ケースです。健康な大人は1日のナトリウム摂取量を2,300ミリグラム以下にするべきですが、これはポテトチップス13袋分に相当。そう聞くととても多い量のようですが、平均的な大人のアメリカ人は、1日になんと3,400ミリグラムのナトリウムをとっているのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >