2018/07/12 20:00

更年期が始まる年齢は、食事が関係している?

魚と豆類が多い食事は更年期の自然な始まりを遅くして、精製した炭水化物(ご飯やパスタ)は逆に早める可能性があります。更年期が始まる年齢は、早くても遅くても、女性の健康に大きな影響を与えます。今回の研究は観察研究なので、因果関係は証明できません(収集したデータを分析したら、そのような結果になったという意味)。更年期の始まりに食事が及ぼす影響については、さらに調べる必要があるそう。

ごはんやパスタなどの食品が影響するかもしれません

遺伝子(母親が更年期に入った年齢)やBMI、喫煙歴、化学療法を受けたかどうかなど、更年期が始まる年齢を予想できる要素はたくさんあります。でも、リーズ大学が行った新しい研究によると、更年期の始まりを予測するもうひとつの要素が。それは、毎日食べる食べ物。

この研究では、脂ののった魚、えんどう豆やサヤインゲンなどの新鮮な豆類といったヘルシーな食品が主体の食事を摂っていると、更年期が基準より3年近く遅くなると分かりました。基準にしたのは、イギリスとアメリカの両方で平均的な女性の更年期開始年齢とされている51歳。一方、精製した白いパスタやライスをたくさん食べていた参加者は、基準より1年半早く更年期が始まる傾向がありました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >