2018/12/13 10:30

代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

管理栄養士の柴田真希先生に、代謝と食事の関係についてうかがった第1回。

第2回では、代謝アップにつながる食材と栄養素について深掘りしていきます。

「代謝しにくい炭水化物」を食べていませんか?

ごはん

「糖質オフ」や「炭水化物抜きダイエット」の流行もあり、ごはんやパンなどの主食を抜く人が増えています。しかし、代謝を上げたいなら「主食抜き」はすすめないと柴田先生。

ごはんやパン、麺などの炭水化物は、もっとも効率よくエネルギーに変わる栄養素なので、適量をきちんと代謝できれば太ることはないとのこと。

食パン

問題は、私たちが「代謝しにくい炭水化物」を食べていることにあると柴田先生は指摘します。

「炭水化物が体内できちんと消化・吸収され、代謝されてエネルギーに変わるためには、酵素やミネラル(特にマグネシウム)、ビタミン(特にビタミンB群)などが必要不可欠です。

ところが私たちがふだん食べている白米だけのごはんや白いパンには、これらの栄養素が不足しています。精製された米や小麦粉は、それだけでは代謝しにくい炭水化物なのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

いつもの仲間に囲まれて落着いて過ごせる日。共通の目標をもつ...もっと見る >