2018/12/14 10:30

白米を◯◯に変えて代謝アップを狙え。管理栄養士が教える献立

管理栄養士の柴田真希先生に、代謝と食事の関係についてうかがう短期連載。

第2回に続き、第3回ではいつもの献立を「一品チェンジ」する、簡単代謝アップ術を教えていただきます。

「一品チェンジ」で代謝アップを狙おう

家族で食卓を囲む

「〇〇を食べると代謝がよくなる」式の健康法は、習慣化しづらいため成功しにくいと柴田先生。おすすめは、いつもの食事を「代謝にいい食べ物」にチェンジするという方法です。

1.白米を雑穀ごはんにチェンジ

白米を雑穀ごはんにすることで、エネルギー(カロリー)は変わらず、マグネシウムなどのミネラル、ビタミンB群などのビタミン、食物繊維などがプラスされる。

2.白パンを茶色いパンにチェンジ

ごはんと同じく、ライ麦や胚芽、雑穀などが入った茶色いパンにすることで栄養素をプラス。白パンよりかみ応えがあることで、顔の筋肉を使うのもメリット。

3.サラダ&スムージーを温野菜&味噌汁にチェンジ

冷たい野菜は体を冷やすので、温めて食べるのが代謝アップのコツ。スムージーは消化しやすいけれど、胃や腸などの消化器官がサボってしまうのであまりおすすめしない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >