2018/12/18 16:30

粉もん代表、お好み焼きをグルテンフリーで食べる方法

管理栄養士からのワンポイントアドバイス

グルテンは、小麦粉などから作られるたんぱく質のこと。人によっては、グルテンの摂りすぎで体や肌の不調につながることもあると言われています。

「粉もん」の代表格であるお好み焼きも、片栗粉を使うことでグルテンフリーになります。日頃からパンや麺ものが多い人は、グルテンフリーで体を気遣ってみては?

グルテンフリーお好み焼き

<材料1人分>

キャベツ 1枚豚もも肉 20g卵 1個片栗粉 大さじ2サラダ油 小さじ1/2水 20cc紅しょうが 適量ソース 大さじ1/2

<作り方>

キャベツは粗いみじん切りにする。片栗粉を水で溶いて、卵を混ぜて生地を作る。1と2を混ぜてサラダ油を敷いたフライパンに流し、上に豚もも肉を並べる。蓋をして蒸し焼きにして片面が焼けたらひっくり返す。皿に盛り付けて、ソースをかけて紅しょうがを添える。他にもある、グルテンフリー食体が喜ぶ時短レシピをもっと読みたい

[Diet Plus]

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >