2018/12/17 05:30

満腹ホルモンで食欲を抑制。つくりおきできる高タンパク質おかず5

image via shutterstock

体重を減らしたい、忙しいけれどテイクアウトは避けたいなど、人によって目標はさまざまですが、健康的なフードを買っただけで満足してはいけません。

目標を達成するには、それらの食料品を活用して、栄養豊富な料理を作り、温め直せばすぐに食べられる状態にしておくことが重要です。

タンパク質は体にとって必要不可欠な栄養素だから、朝食、昼食、夕食でたっぷり摂るのがおすすめ。

「多くの研究で、高タンパクな朝食を食べる習慣が体重管理や減量に結びつくことがわかっています」と話すのは、ニューヨークシティやロサンゼルスで活躍する、登録栄養士のシンシア・サスさん。

「タンパク質はおなかを満たし、満腹ホルモンを出して食欲を抑制してくれます」。また、タンパク質を摂ると注意力が高まり、1日中エネルギーがみなぎります。

そこで今回は、代謝をアップさせるタンパク質たっぷりのおいしい満腹メニューをご紹介します。冷蔵庫で何日も保存でき(冷凍庫なら何か月も)、朝食、昼食、夕食、どのシーンでも使えます。食欲がそそられる料理をぜひ作ってみてください!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

いつもの仲間に囲まれて落着いて過ごせる日。共通の目標をもつ...もっと見る >