2019/01/11 10:30

乾燥で弱った肺が不調をまねく? 薬膳の知恵は「白い食べ物」

乾いた空気や暖房で、カサつく肌が気になる今日この頃。

オイルやクリームなどの保湿アイテムで対策しているという人も多いかもしれませんが、外側のケアだけでなく内側からのケアもプラスするとさらに効果的です。

今回は、「薬膳」の知恵を取り入れた乾燥対策をご紹介します。

乾燥で弱った「肺」がさまざまな不調につながる

肺

中国の伝統医学・中医学によると、心・肝・肺・脾(ひ)・腎(じん)の「五臓」のうち、乾燥の影響をもっとも受けやすいのは「肺」。

肺は呼吸器系だけでなく皮膚、大腸とも関係が深いため、肺が弱ることで咳が出たり、肌が乾燥したり、便秘になったりといった不調をまねくと言われています。

乾燥から体を守る、身近な「白い食材」

れんこん

そんな体調のゆらぎを食材の力で整えてくれるのが、「薬膳」。

中医学では、肺を潤す食材の特徴は「白色」とされており、大根、れんこん、白ごま、百合根、山芋、卵、牛乳、豆乳、豆腐、いか、豚肉、牡蠣、白きくらげ、はちみつ、梨、柿、ぶどうなどが挙げられます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優しさにあふれた今日のあなた。弱者に対する深い思いやりがあ...もっと見る >