2019/01/14 05:30

繊維質が足りない日に試したい、イタリアの伝統食材「ファッロ」

image via shutterstock

ファッロとは、小麦の原種といえる古代小麦(スペルト小麦)。イタリアをはじめ、ヨーロッパでよく食べられている穀物です。スローフード食材としても注目株。

今回ご紹介する「ミックスきのことファッロの温サラダ」は、メインディッシュの付け合わせにぴったり。栄養豊富で風味豊か、繊維質を9グラムも追加でき、おなかも満足する一品です。

ソーセージなどの加工肉の代わりにキノコを使うことでナトリウムと飽和脂肪を抑え、おいしい食感と味わいが楽しめます。

ミックスきのことファッロの温サラダファッロ

<材料/8人分>

赤キヌア 大さじ2オリーブオイル 大さじ4、別に小さじ1/4タマネギ 中1個(みじん切り)ポロねぎ 中1本(白い部分と薄い緑の部分だけを5ミリくらいの厚さの半月切りに)ファッロ(スペルト小麦)2カップ半チキンスープ(塩分控えめ)5カップフレッシュローズマリー 2本きのこ各種 680グラム(軸を取り除き、スライスする)ニンニク 2片(みじん切り)   サラダほうれん草 適宜  コーシャーソルト(塩でも可)とコショウ

<作り方>

今日の運勢

おひつじ座

全体運

積極的に人の輪に飛び込もう。ぶつかることがあっても、反省の...もっと見る >