2019/01/24 10:30

ネバネバは洗い流して食べる? 納豆は海外でも話題なんです

アメリカの健康専門誌『ヘルス』が、日本の大豆(特に納豆)を「世界5大健康食品」のひとつに選定したのが2006年(※1)。いまや日本の「Natto」は、その栄養価の高さから世界で注目される食品となっています。

欧米やアジアのスーパーでも売られるようになり、醤油や味噌、豆腐に続く日本発のグローバル・フードとして認められつつある納豆。今回は、韓国・中国・アメリカ・フランスの納豆事情をご紹介します。

韓国の納豆市場は10年で10倍に

韓国の国旗

アジア諸国のなかでもとくに、納豆市場が広がりをみせているのが韓国です。2005年から韓国食品メーカーの参入がはじまり、2016年には市場規模が10年前の10倍、なんと24億5千万円に拡大したといいます。

もともと韓国には、納豆に似た大豆発酵食品「チョングッチャン」がありました。しかし、2016年には「チョングッチャン」と比べて、納豆の市場規模のほうが大きくなったとのこと。大人気の日本アニメの影響で、納豆を食べたくなった人も多いそうです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

オイシイ物を食べたり、いい音楽を聴いたり、五感が満足するプ...もっと見る >