2019/02/21 10:30

賞味期限を過ぎても大丈夫? 納豆をより効果的に食べる方法は?

日本が世界に誇るスーパーフード、「納豆」。女性が気になるさまざまな症状に納豆パワーはどのように働き、どう食べると効果的なのか? 10回連載にて、「ナットウキナーゼ」を発見した納豆博士・須見洋行先生に伺いました。Vol.10は、納豆を効果的に食べる方法について。

Q1:朝、昼、夜。いつ食べればいいですか?納豆とごはん、お味噌汁の定食

A:血栓(血のかたまり)予防なら、夜がおすすめ。

血栓予防という意味では、夜食べることが効果的ですが、そうでない場合は朝昼夜、いつ食べても構いません。大事なのは朝でも昼でも1日1回は納豆を食べること。夜食べられない人は朝か昼に食べればいいのです。

Q2:大粒、小粒、ひきわり。どれがいい?大粒な納豆

A:好みで選べばOK。

理論的には表面積が広いほうが納豆菌はたくさん付着します。だから、ひきわりがいいと言われることもありますが、実際にデータを計測してみると、メーカーや種類によって差があるので、一概にどれがいいとは言い切れません。飽きずに食べるために、いろいろな種類を試してみるのもいいですし、好みで選べばいいと思います。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ゆったり気分でノンビリ過ごせそう。仕事はさっさと切り上げて...もっと見る >