2019/02/12 21:45

甘酒はなぜ整腸によい? 管理栄養士が教える、オリゴ糖と腸内環境の関係

毎年のように新商品が発売されるほど注目されている甘酒。健康や美容のために飲んでいる人にすすめたいのが、オーガニックコスメブランド「ネオナチュラル」のハーブ甘酒「はだ恵(めぐ)り」です。

自社農場の「母袋(もたい)有機農場」産原料と天然伏流水でつくられ、カモミールやラベンダーなど西洋ハーブの成分をプラスした新感覚の甘酒です。

体の中から美しくなるための甘酒

はだ恵りの特徴は、酵素の力でオリゴ糖の含有量を高めているところ。

「オリゴ糖を生成する3種の米糀と2種の酵素の活性を最大限に引き出すために、発酵時間や糀や酵素の配合比率、組み合わせを120回以上の試作を経て開発」されたそう。こうして、肌荒れ対策が期待できる発酵飲料が生まれました。

食品微生物センターによると、はだ恵り100gに含まれるオリゴ糖の量は、3,600mgとのこと。はだ恵り1杯(3倍希釈)を飲むことで、オリゴ糖を多く含むと言われるきな粉(大さじ1)の4倍、てんさい糖(大さじ1)の5倍、バナナ(1本)の11倍になるそう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >