2019/02/06 10:30

毎日の食事で役立つ! 管理栄養士が教える8つの納豆トリビア

日本人にはおなじみの食材である納豆。でも、冷凍してもよいのか、食べるならいつがベストタイミングなのか……などなど、意外と知らないこともあったりします。

今回は発酵料理に詳しい料理家・管理栄養士の舘野真知子先生に、毎日の食生活に役立つ、栄養効果を高める納豆のトリビアを教えていただきました。

1. 納豆パワーが注目されているワケねばねば

納豆には五大栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラル)がすべて含まれ、さらに第六の栄養素と言われている食物繊維も豊富です。とくにタンパク質に関しては、必須アミノ酸が比較的バランスよく含まれる食材です。

ほかにも多くの栄養素が含まれますが、最近注目されているのは、血栓ができるのを防ぐ効果が期待できるナットウキナーゼと、骨の代謝に関係して強くするビタミンK。脂質やタンパク質、炭水化物の代謝に役立つビタミンB群も豊富です。

また、食物繊維は100g中に6.7gも含まれています。畑の肉といわれるほど栄養豊富な大豆が、発酵を介することでより栄養価が高まるという魅力もあります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

いつもの仲間に囲まれて落着いて過ごせる日。共通の目標をもつ...もっと見る >