2019/03/01 16:30

我慢せずにやせたい人へ。管理栄養士がすすめる5つのおやつって?

ダイエット中は「おやつ=我慢するもの」というイメージがありますが、管理栄養士によると、実はおやつを上手に取り入れることでダイエットを成功に導いてくれるそう。

今回は管理栄養士の水谷俊江さんによる、ダイエット中におやつを取り入れるときのポイントを聞きました。

おやつを食べてもいい時間帯は?

オレンジの時計

まずダイエット中の天敵は、「空腹」ではないでしょうか。おやつは、空腹を感じた時にうまく摂取することで、ドカ食いを防いでくれたり、仕事や勉強の効率アップにつながったりすると言われているそうです。

また、ダイエットライフをサポートしてくれるおやつは、摂取する時間帯がポイントに。研究結果として裏付けるものがあるといいます。

「ビーマルワン」という脂肪の合成を促進する時間遺伝子の研究からも、おやつがダイエットに有効であると言えます。

午前6時から夕方4時までは、「ビーマルワン」の働きが低い時間帯です。この時間に食べたものは脂肪になりにくく、逆に「ビーマルワン」が高くなる夜の8時〜深夜2時の時間帯に糖質や脂質を多く含み、カロリーが高い食事をすると太りやすくなります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >