2019/02/26 20:30

炭水化物は悪者ではない! かしこい摂取方法6

今、必要以上に悪者にされている栄養素をひとつ挙げるとするならば、それは炭水化物です。

ケトジェニックダイエットのように、体重を減らすために炭水化物を制限するのがダイエットのトレンドになっていますが、普通の人たちにとって、それがよい方法であるとはちょっと言い難いようです。

炭水化物はエネルギー源

たしかに、炭水化物の多い食品にはヘルシーとはいえないものもあります。たとえば、砂糖をたっぷり使ったデザート、焼き菓子、チップスのような加工食品……など。

こういった精製された炭水化物は、体重を増やし空腹感をもたらすのです。でも適切な炭水化物であれば、健康に大きなメリットがあると、研究でも言及されています。

炭水化物は身体の主要なエネルギー源で、運動するのに必要ですし、脳を働かせるにも必要。そう、単純に息をするにも必要なのです。

アメリカ栄養ガイドラインでは、毎日のカロリーの45%~65%を炭水化物から摂ることが推奨されています。1日に2000kcal必要ならば、900~1300kcal(もしくは225~325g)を炭水化物で摂ります。もちろん、好きなだけ摂っていいということではありませんが、ヘルシーな種類なら恐れる必要はないということ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >