2019/02/27 05:30

じつはバナナやビーツも。積極的に摂りたい炭水化物フード6

image via shutterstock

今、必要以上に悪者にされている栄養素をひとつ挙げるとするならば、それは炭水化物です。でも適切な炭水化物であれば、健康に大きなメリットがあると、研究でも言及されています。

前編では、炭水化物を摂るメリットと、6つの食品を紹介しました。今回も引き続き、もっと食べるべき6種類の炭水化物食品を教えます。

1. ジャガイモ

じゃがいも

「白い食べ物を避けよ」とよく言われますが、その言葉はいったん忘れて、ジャガイモに夢中になってみては。

このシンプルなお芋は1個150kcal、炭水化物33g、カリウム860mg(一日の必要量のほぼ20%)。さらに芋類は消化されづらいデンプンです。消化を手伝うような役割を果たし、食欲を抑える効果もあります。

食べ方:ジャガイモのよさを味わい尽くすには、フライは避け、まるごとローストするか、ポテトウェッジ(くし型に切って焼いたもの)を作ります。

2. ビーツ

ビーツ

野菜選びの経験則は「色が濃いほど栄養が豊富」。ですが、ビーツも例外ではありません。ビーツの濃い紫色は、アントシアニン、ベタイン、ルテインのような抗酸化物質が豊富なしるし。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >