2019/03/06 05:30

キャサリン妃も婚前・産後に実践したという、人気の減量法って?

image via Getty Images

多くの人がダイエットで気にするのは、カロリー。

ですが、フランスのピエール・デュカン博士は違う点に着目し、2000年にデュカンダイエットを考案しました。フランスで4万人以上の患者の減量をサポートしてきた経験を元に、デュカン博士は「長期的な減量にはタンパク質がカギ」という理論を導き出したのです。

デュカンダイエットは、現在ヨーロッパで最も人気のダイエット法のひとつです。2011年にウィリアム王子と結婚したキャサリン妃が、結婚式前や出産後に行ったダイエット法としても有名です。

でも、このダイエット法で健康的なバランスのいいライフスタイルを保ち続けることはできるのでしょうか? 過去さまざまなダイエット法を調査してきた栄養士&ライターの筆者が、デュカンダイエットがなぜこれほどヨーロッパで流行しているのかを、探っていきます。

デュカンダイエットとは?

サラダ

デュカンダイエットは、減量を目的とした、高タンパク・低炭水化物・低脂肪の食事法です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >