2019/04/11 07:20

ビールとも相性抜群。管理栄養士おすすめの「太りにくいおつまみ」

image via shutterstock

今年こそ夏前にすっきりとボディを整えたい! 本連載では、1万人の悩みを解決した管理栄養士、菊池真由子さんのメソッド「食べても食べても太らない法」を、毎日ひとつずつご紹介します。

おつまみで太る原因は2つ。 ひとつは脂肪が多いこと、もうひとつは量を食べ過ぎてしまうこと。 つまり、脂肪が少なく、食べ過ぎないおつまみは太りにくいということ。

それは、「生で食べるもの」「ゆでて食べるもの」です。

生で食べるものは、刺身や冷奴、野菜、かまぼこ、チーズなど。刺身の中でもタイ、ブリ、アジ、シメサバ、サーモンはおすすめ。ビタミンB1が豊富で、お酒を分解して余分な脂肪をため込みにくい食材です。

ゆでて食べるものは枝豆、しゃぶしゃぶ、味付き卵など。食べる量の目安は肉や魚は100~150g、野菜は両手に一杯、チーズや練り物は小鉢1杯分が目安です。

30日間の「太りにくい食習慣」をもっと見る

図解 食べても食べても太らない法 (単行本)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >