2019/05/29 22:45

フランスで進化した「Tofu」が浸透中。◯◯のかわりに大活躍

images via shutterstock

現在、パリ近郊在住の筆者。この10年でますます日本食がフランス人から支持を受けているのを肌で感じています。

特に豆腐は、植物性プロテインが豊富で低カロリー。そのうえ、気になるコレステロール値も下げてくれると言われ、ベジタリアンや食生活に気をつけたい人にとって、肉にとって変わる大切なタンパク質源として浸透しつつあるようです。

今回は、フランスで浸透しつつある豆腐について探ってみます。

本物の豆腐は「味がしなくてイマイチ」

豆腐の味噌汁image via shutterstock

フランス人がそんな「Tofu」を知っているのは、日本食レストランでの付け合わせのお味噌汁であることがほとんどです。外国人が経営する日本の寿司レストランでも、お味噌汁に豆腐が少なからず入っています。そこで本物の味に近い豆腐を味噌風味で食べ、おいしいと感じることが多いようです。

ただ、フランスで絹豆腐や木綿豆腐を買うのであれば、日系、中国系、韓国系の食品店へ行く必要があります。そこまでして本格的に豆腐を食べたいというフランス人は、よほどの日本食好きに限られてきます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >