2019/06/05 20:00

パン食をあきらめずにやせやすい体へ。栄養士に聞く健康的なダイエット

パンが大好きなのに、「パンは太るから……」と我慢している人も多いのでは? 大のパン党である筆者もそのひとり。とくに朝食はパンから離れられず、ひと切れを極力小さくしたりしてごまかしていました。

ところが管理栄養士の清水沙穂理さんによると、パン食をあきらめずにダイエットすることは可能だそう。栄養士直伝の「パン食ダイエット」をご紹介します。

自分の「エネルギー必要量」を知っていますか?

スマホを触る女性image via Shutterstock

「楽しい食で人を幸せに」をモットーに、簡単で続けやすい健康的な食事のコツを教えてくれる清水さん。そもそも“パンは太る”というイメージは誤解だといいます。

「食事の構成という面から考えると、パンはエネルギーになるもので、建築でいう土台です。カロリーが高いか少ないかは人によって違うので、まずは自分の“一日の推定エネルギー必要量”を確認しましょう」(清水さん)

推定エネルギー必要量の計算式は、基礎代謝量×身体活動レベル。くわしい計算方法は、東京都福祉保健局のサイトなどを参考にしてみてください。「ダイエットアプリ あすけん」などのアプリに登録すると、自分の年齢・身長・体重・日々の運動量を参考に、エネルギー必要量を算出してくれます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >