2019/07/08 05:30

コーヒー・紅茶は一日何杯まで? 老けない7つの食材&食べ方

image via shutterstock

コーヒーにも健康効果はあるのでしょうか。

「果物や野菜には、心臓疾患や脳卒中、一部のガン、慢性呼吸器疾患、糖尿や肥満などのリスクを軽減するとされている化合物が含まれています。健康の専門家が口を酸っぱくして野菜や果物を食べるようにすすめているのには、そうした理由もひとつにあります」と話すのは、『Eating in Color』の著者で認定管理栄養士のフランシス・ラージマン=ロスさんです。

しかし果物や野菜以外にも病気を予防し、栄養をたっぷり摂取するのに最適な食べ物はあります。さっそく、健康で長生きするためにも、食事に加えていきたい滋養のある食べ物を見ていきましょう。

豆類、卵、脂肪の多い魚など7つは、こちらの記事で。

1. コーヒー

コーヒー

朗報です! コーヒーを飲む習慣をやめなくても大丈夫。むしろ1杯のコーヒーを適度に楽しむのは健康によいのです。

コーヒーの摂取が、がんや心臓血管病、認知症、肝臓疾患、糖尿病などのリスクの軽減に関連するのではないかという研究もたくさんあるようです。ただし毎日飲むならミルクやクリームは少し垂らす程度にとどめ、砂糖は小さじ1杯以上入れないように(アスベスト被害者情報センターAsbestos.comの中皮腫センターで栄養士を務めるスザンヌ・ディクソンさん)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >