2019/08/05 05:30

食の専門家が絶対に食べない9つの食品。マーガリン、全粒粉パンも…

image via shutterstock

あっ、食べる前にちょっと待って!

世の中は、便利で手軽な食べ物に溢れていますが、体にあまりよくないものが出回っているのも事実。食品業界内部の裏事情を知っている人たちは、食べるのをあえて避けているよう。

そうした食品業界内部に精通する人たち、つまり農薬、遺伝子組み換え(GMO)、動物虐待、社会的不正、不健康な食べ物などをなくすため日々尽力している人たちに、便利だけれどよくない食べ物と、代わりに食べるとよい食材を聞きました。今回は、朝食の食卓に登場しやすい食品をピックアップ。

1. マーガリン

ベーグル

「あなたのパフォーマンスを損ない、脳機能を低下させ、寿命を縮める脂肪分をひとつ選ぶとすれば、それはマーガリンなどのトランス脂肪酸です」とダイエット本『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』の著者、デイヴ・アスプリーさんは言います。

「HDL(善玉)コレステロール値を下げ、心臓病のリスク増加、中性脂肪レベルの上昇、動脈や心臓の損傷につながります」それだけでなく、マーガリンに含まれる炎症性脂肪は炎症を引き起こし、脳機能に影響を及ぼします。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >