2019/08/20 16:55

夏バテ対策の新提案! カフェインの利尿作用で避けていた「緑茶」がいいって本当?

image via shutterstock

「日本ってこんなに暑かった?」と天を仰ぎたくなるような、猛暑の夏がやってきました。夏ならではの楽しいイベントがある一方で、気をつけていても陥りがちなのが「夏バテ」。近年、日本の夏は高温多湿化が著しく、以前の常識では通用しなくなってきています。

そこで今回は、現代の夏バテの要因とその対策、最強の「夏バテ予防ドリンク」の作り方など、夏の体調管理に役立つ情報を3人の専門家にうかがいました。

現代の「夏バテ」を招く4つの要因

そもそも「夏バテ」とは、夏の暑さによる体調不良の総称のことです。高温多湿の環境に体が対応できなくなり、だるい、疲れがとれない、食欲不振といった体調不良が続きます。

女性専門の疲労外来ドクターとして知られる工藤孝文先生は、現代の夏バテの要因をこう分析します。

1.自律神経の乱れ伊藤園image via shutterstock

猛暑の屋外から、 エアコンで冷えた室内に戻るときなどの急激な温度差が体力を消耗させ、そのストレスから自律神経がうまく働かなくなってしまう。自律神経の変調は、胃腸の不調や全身の倦怠感、食欲不振を招く。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >