2019/08/12 05:30

栄養士が教える「旅太りを避ける7つのコツ」。食物繊維がカギに!

image via shutterstock

旅行に行くと、つい太る。

旅に出るたびに太ってしまって、嘆いている人も多いでしょう。でも、いつものルーティンから離れたからといって、健康的な習慣を放り出す必要はありません。

ちょっとした準備と工夫で、旅先でも健康的な食事とエクササイズの時間を確保することができるんです。登録栄養士と認定パーソナルトレーナーに、旅行中でも健康を維持するコツを聞きました。

1. おやつは自分で用意する

ランチ

シカゴで活躍する栄養士で米国栄養士会広報のジェニファー・ブルーニングさんは、移動中のおやつは自分で事前に準備をするのが賢明とアドバイスします(飛行機に持ち込める食べ物のルールは各航空会社に確認を)。

彼女はいつもバッグに自家製のグラノーラバーやポップコーン、りんごなどのフルーツを忍ばせているんだそう。「不健康なものを食べなくて済むし、節約になる」と言います。

2. ヘルシーな食事を探す

ランチ

駅や空港では、マップを確認して近くにヘルシーなお店がないかチェックしてみて、とブルーニングさん。カフェには大抵、ヨーグルトやテイクアウトのサラダなどが置いてありますし、ヴィーガン向けのお店なんかもあるかもしれません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >