2019/11/06 05:30

熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

image via shutterstock

風邪やインフルエンザのとき、何を食べるとよいの?

「具合が悪くなったときに何を食べたくなるかは人それぞれですが、消化に悪いような物はさけて。できるだけシンプルにすることがカギに」と管理栄養士で『Read It Before You Eat It』の著者であるボニー・タブディクスさん。

栄養をたっぷり摂って、少しでも早く元気になりたいものですが、タブディクスさんは、できるだけ消化にいい炭水化物にすることをすすめます。いずれにしても、病気のときに欲しくなるのは、炭水化物を多く含む食べ物ではないでしょうか。

今回は、医師や栄養士が、病気のときに早く回復するために食べているフードをご紹介します。

1. オートミール

オートミールimage via shutterstock

「具合悪いときに何といっても食べたくなるのは、オートミールです」とタブディクスさん。

「風邪の引きはじめで頭痛がしても、多少でも食欲があれば、オートミールにスプーン一杯程度のアーモンドバターや、リコッタチーズ、カッテージチーズを足してタンパク質を補います。症状の回復を促しますし、舌触りもクリーミーに、よりおいしくなります」

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >