----------->> 楽天イーグルス応援キャンペーン!楽天スーパーポイント100,000ポイント山分け! <<-----------
2017/09/27 17:00

皮ごとおいしく! さつまいものおかず

料理家の飛田和緒(ひだ・かずを)さんが、さつまいもの基本的な扱い方と、ホクホクの甘みをしっかりと生かしたおかずを紹介します。

* * *

さつまいもは関東や西日本でよく栽培されています。その土地、土地でつくられる種類があり、焼きいもに向いているもの、ふかしいもに向いているものなどがあります。
果肉の色も口当たりもそれぞれ違うので、食べ比べてみるとおもしろい。私の好みは四国の徳島で食べた鳴門金時や、加賀野菜の五郎島金時。小ぶりでツルリとした肌合いも美しく、甘みはしっかりとあるさつまいもです。
さつまいもは、かぼちゃと同じく収穫直後はおいしさがありません。1か月以上熟成させて甘みを出します。
さつまいもは皮の下にアクがあるので、切ったら、水に5分間ほどつけます。水が白く濁るくらいになったら、水けをきり、調理します。
まずはふかして食べるほか、レモンと一緒にさっぱりとした甘煮にします。デザートにもなり、お弁当の箸休めの小さなおかずとしても重宝します。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >