2017/07/01 20:00

新潟の奇祭・ほだれ祭の御神酒を飲んでみた

越の鶴 ほだれ酒
越の鶴 ほだれ酒

新潟県長岡市栃尾地域で毎年3月の第2日曜日に行われる「ほだれ祭」は、五穀豊穣と夫婦和合をお祈りした奇祭として有名です。村の男衆が初嫁さんたちがまたがった高さ2.2m、重さ約600kgの巨大なご神体を担ぎ、掛け声と共に村内を巡回していく様子は圧巻だそうですよ。

そんなほだれ祭のメイン会場となるほだれ大神のお宮には、周囲8mを越す天然記念物の大杉があります。根元から2本に分かれているために女杉と呼ばれており、その周辺には双体道祖神など数多くの石仏があります。また男根を型どった石や木のご神体を奉納する風習があり、多くの民衆から信仰され続けています。

インターネット通販でも入手できる祭の御神酒は、新潟の地酒である越の鶴が採用されています。祭の中盤、その年の初嫁の代表が酒の樽を木槌で叩いて”お神酒鏡開き”をした後に訪れた人々に配られます。

それとは別に持ち帰り用として、会場でも全長約20cm、周径21cmの男根を模した陶器に容れられた御神酒が販売されています。先の部分がお猪口になっており、入手したら直ぐ飲めるようになっています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >