2018/04/10 11:35

すき焼きに入れるお肉としらたき、実は隣に置いた方が美味しくなる?

すき焼き/写真ACより
すき焼き/写真ACより

 4月8日放送の「鉄腕DASH」の名物企画「0円食堂」では、愛知県知多地域の食材を使ったすき焼き作りが放送されておりました。

 筆者も知多牛と名古屋コーチンの卵というデラックスな組み合わせに、見ていて思わずよだれが垂れそうになったのですが、すき焼きと言えば、お肉と、野菜と、焼き豆腐と、糸こんにゃく(しらたき)が定番具材。しらたきの白い色が割り下と肉や野菜から出る出汁を吸って美味しい色になるのはたまらないものがあります。そんなすき焼きの常識「肉とこんにゃくは離して入れないと肉が硬くなる」というの、実は違うんですって。

 このトリビア、三重県四日市市にあるこんにゃく製品の製造メーカー「マルフク食品株式会社」さんが教えてくださったもの。

 「(TOKIOの皆様……聞こえますか…今…皆様の脳内に呼びかけております……すき焼きの白滝とお肉は…離さなくても……良いのですよ……白滝は…お肉を硬くいたしません……隣接させると…お肉の旨みを白滝が吸いやすく…なります……)(白滝…お持ちしたい……)」と、放送後にツイッターで呼びかけたことで注目されていました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >